勉強

留学して英語のスキルを身につけよう|セブ島がおすすめ

早く上達できる人気の方法

アルファベット

フィリピンの言葉はタガログ語も使用しますが、教育は英語がいちばん多くなっています。英語教育が行き届いているために、街中の看板などについても英語表記が大半を占めています。結果としてフィリピンは、英語を使用する人口がアメリカやイギリスに次いで世界3位なのです。このように英語をよく使用するフィリピンですから、日本から語学留学をする人が増加しています。また日本にとってフィリピンは、アメリカやイギリスよりも近いところにある国です。そのため語学留学する際の飛行機などの移動に要する費用も安くなります。さらにフィリピンは、アメリカやイギリスよりも物価が安いので滞在中の費用全般が安くなるのです。なかでもセブ島はこれに治安の良さが加わるために、語学留学先として人気があります。

そうしたセブ島での語学留学は一対一のマンツーマンでの指導が大きな魅力です。英語は言語であるために、習得するための早道は、会話を通して行うことなのです。会話をするためには、まず相手の話していることを聞く必要があります。初心者が英語で会話すると、聞き取れない部分が当然ながら発生します。しかしセブ島で行われているマンツーマンであれば、すぐに聞き返すことが可能なのです。子供の言語能力が早く発達するのは、家庭において聞き返すことが大きな要因になっています。またマンツーマンで聞き返すと、生徒は英語を発音します。この際に間違った発音や表現法であれば、その都度講師から修正してもらえるのです。したがってセブ島に語学留学したら、マンツーマンを最大限に生かすと上達の早道になります。